シミと血液酸性

シミと血液酸性の関係

          美肌はこうすれば甦る

                      血液が酸性に傾くとシミが濃くなるの?                 
                                                         四万十川〜水の呟き

シミと血液酸性

スポンサードリンク
                                                            HOME
                                              シミはこうすれば消える
シミはこうすれば消える

シミと血液の関係


       
シミはどうして濃くなるの?☆

シミはどんなときに濃くなるのでしょう?

まず考えられるのが日照時間の長さや、
油性化粧品の多用による紫外線吸収量の増加、ならびに病気等による疲労です。

これによって、メラニンの生産量が増えるばかりか、血液が酸性化されてメラニンの
着色率も高くなるというダブルパンチを浴びていることになるわけです。
 
しかし、血液を酸性にしてしまうのは、紫外線ばかりではありません。

このページでは、シミの出来る原因と、シミの治し方について述べてみましょう。


美肌はこうすれば甦る
スポンンサードリンク

        ☆シミを濃くする原因のあれこれ☆
   
                
☆シミを濃くする「疲労」

人間の身体は、朝起きたばかりの時はたいてい疲れがとれていますから、血液はアルカリ性の状態で、シミのある肌でもさして目立たないものです。
    
それが午後になると次第に目立ってくるのは、身体が徐々に疲労して血液が酸性に傾くからです。
    
夜の眠りはこの疲労回復のためです。
    
ちなみに秋口にシミが目立ちはじめるのは、この時期になって夏の疲れが出てきて、血液が酸性状態になるからです。

☆シミを濃くする「病気」


病気になると、どうしても身体が慢性的に疲労状態になりますから、血液は酸性に傾きます。
    
たとえば風邪ですが、
これによって身体が疲労したのを合図にヒスタミンとアセチルコリンが発汗のスタートをきって熱を下げる一方、ペルオキシターゼという酸化酵素も登場してきてメラニンを着色させ、体力低下による体温低下を防ぐという矛盾的な働きがはじまります。

このペルオキシターゼは、メラニンの色素によって体温保持の役割をさせる救いの神であるわけですが、シミに悩む人にとっては、シミを濃くする嫌な酵素でもあるということになります。

別に肝臓がメラニンを生産しているわけではなく、肝臓が悪いことによって身体が疲労状態になる結果、血液が酸性化して、メラニンが着色しシミを作るわけで、その着色の目的は、体力、体温の保持にあります。

 
☆シミを濃くする「不安定な精神状態」

精神状態が不安定ですと、血液は酸性になりますからシミを濃くすることになります。
イライラやヒステリーは女性の肌にとって大敵といえます。

 
☆シミが濃くなる「生理の前後」

生理の前後にシミの目立つ女性がいます。
これは、生理が近づくことによって女性ホルモンが平素より多く分泌されて、血液中のリン酸を増やしカルシウムイオンを減らすために血液が酸性化するからです。
 
この場合のシミは、生理が終わって血液中のバランスが元に戻れば解消するので、一般に言われる「シミ」とは別物で、一過性のシミと考えてさしつかえありません。


         ☆こうすればシミは消える☆
  

シミを取り去るには、血液が酸性になるのを防ぎ、メラニンを減らしましょう

☆角質代謝をスムーズにしましょう!
 
「シミ」は、それを取り去るにも、予防するにも基本は一つ、
「皮膚表面の古い角質片を取って、新生細胞をどんどんつくり、
角質代謝のエスカレーターの速度を適正に戻す」 ことです。

こうして古い角質片を毎日取り去っていれば、
新細胞をつくる命令を出すDNAが、怪我をしたときのような
急激なかたちではなく、正常なケラチニゼーションの周期にしたがって
コンスタントに新細胞をつくるべく上手く働いてくれて、シミも治り、
見た目にも美しい肌に戻ることができます。

同時に、日常的に次のような事に配慮すれば、シミに関する悩みはかなり解消できるはずです。

☆血液が酸性になるのを避けましょう!

シミの予防と治療には、メラニンが着色しないように血液が酸性になるのを避ける事が必須条件といえます。
            
  
 @ 肉体的、精神的疲労を最小限にとどめる。
   A 血液を酸性にする食べ物を減らす
   B 早くシミを取ろうとして、肌に過分な刺激を与えない。

   特にBは大切です。

ミを治そうとして角質層をタオルやブラシでゴシゴシ擦る人がいますが、これでは却って肌に余計な刺激を与える事になり、
肌は疲労して血液は酸性に傾き、メラニンはますます着色を急いでしまいシミは濃くなってしまいます。

ケラチニゼーションは、あせらずゆっくりと正常に戻していくようにしましょう。

☆メラニンの絶対量を減らしましょう!

シミ対策には、メラニンの絶対量を減らすようにする事。そうすればシミも必然的に出にくくなります。
 
  
 @皮膚の熱を下げる事。
 
チロジンとチロジナーゼがメラニンを作るに際しては、鉄イオン、銅イオン、熱、の三つが必要です。
         
逆にいえば、このうちの一つでも欠ければ、メラニンは作れないということになります。
         
私たちの努力しだいで最も簡単に消滅させる事の出来るものといえば「熱」となりますから要はシミの出来ている肌の温度を下げてやればよいわけです。
         
下げる方法は簡単です。
     
たとえば「顔」なら、毎晩、2〜3時間かけてゆっくりと蒸発させてくれる乾きにくい化粧水を使います。
蒸発の際の吸熱作用(気化熱)で、肌は長時間冷えた状態でいられます。

また、冬でも部屋の温度を高くしすぎない、ストーブの近くに寄り過ぎない、台所でも火の熱をまともに受けすぎない、などの配慮も効果があるものです。  
    
  
 A油性化粧品や油性クリームの常用を避ける事も大切です
 
油性化粧品を常用(多用)していると、ケラチニゼーションの速度が遅れるので、
その分メラニンがたまりやすくなりシミも長く居座り続けるということになります。
          
また、油性化粧品は、皮膚の温度を上げることはあっても冷やすことにはなりません。

その他、美容療法とか称して、蜂蜜を塗ったり、海水浴の後顔を洗わずに粘度の高い海水をつけたままだったりした場合も同様ですから注意が必要です。
         
これらには、油性化粧品と同様皮膚の紫外線の吸収を高めてしまう作用があるからです。


☆シミが消えた後も、
    最低一年間は紫外線から遠去かりましょう!

シミが治ったら、その後はどんな事に注意すればよいのでしょうか?
  
少なくても放ったらかしではいけません。
  
順調なケラチニゼーションのもとに、古い角質片を取り除く手入れを続け、最低でも一年間は日光に当たる事を少なくするよう努力しましょう。

それが2〜3年続くなら尚良いでしょう。
  
もちろん、海水浴やハイキング、キャンプなどはタブー、我慢が肝心です。

ところで、シミが治った後に再びシミが出来たり、前よりも濃くなるといったケースも現実には少なくありません。
  
これは、メラノサイト細胞の中に少しメラニンが残っていると、
以後、メラニンの生産は以前より活発になる性質があるため、
あるいは、かってシミのあった肌は、皮膚にメラニンをつくり着色するという機能が記憶されている可能性が強いために起こるものです。
  
一度シミの出来た肌には、それだけの注意が肝要となります。

シミの出来る原因を取り除き、正しいお手入れで、
      透明感のある白い美肌をゲットしちゃいましょう♪♪

    

☆美容と健康の広場
 
 美肌はこうすれば甦る

 知っておきたい皮膚の構造

 紫外線と肌の関係

 メラニンの役割

 シミはこうすれば消える

 若ハゲ若白髪は肌荒れから

 呼吸法で美肌をゲット

 脳卒中で絶対に倒れない法


☆エコな暮らし

 洗剤を減らそうよ♪

 合成洗剤シャンプーと
    毛髪と皮膚の関係
 
 重曹と酢でらくらくお掃除

 バスルームのお掃除

 便器のお掃除

 キッチンのお掃除



☆親子で学ぶエコリンク

 
地球温暖化って?

 森林破壊って?

 オゾン層破壊って?

 環境ホルモンって?

 水はどうして汚れたの?

 ごみはどうして増えたの?

 酸性雨って?

 異常気象って?



 リ ン ク 集

スポンサードリンク
シミと血液酸性                TOPに戻る/美肌はこうすれば甦る      血液が酸性に傾くとシミが濃くなる?
このサイトに記載している内容は、全て管理人個人が調査・収集したものであり、
 必ずしも内容を保障するものではございません。
  トラブルなどの一切の責任を負いかねますのでご了承くださいませ。

 Copyright (C) 四万十川〜水の呟き All Rights Reserved