紫外線とお肌

紫外線とお肌

          美肌はこうすれば甦る

                       紫外線を浴びたらどうする?
                                                        四万十川〜水の呟き

紫外線はお肌の大敵

スポンサードリンク
紫外線が及ぼすお肌のトラブル


紫外線はお肌の大敵

                   
紫外線お肌の大敵☆ 

お肌のトラブルの原因の一つに紫外線がありますね。

日焼けによる色黒だけでなく、シミ、しわ、たるみ、などお肌のトラブルの多くは、
毎日知らぬ間に浴びている紫外線だといっても過言ではないようです。

そうはいっても普通の社会生活を送る上で、紫外線を浴びずに生活するのは無理なことで、
 誰しも、多かれ少なかれ紫外線を浴びる現実からは免れられませんよね。

しかし、「どうせ黒くなるのなら神経質になっても始まらない」 などと開き直って、委細かまわず
紫外線を浴びては、後には、シミ、ソバカス、シワなどのトラブルに悩まされる結果を招きます。

やはり出来るなら、白い美しい肌を保っていたいのが女性の偽らざる気持ちではないでしょうか。

しかしともあれ、顔や腕、脚などいつも紫外線にさらされている部分の肌は、
 ある程度黒くならざるをえません。 紫外線がそうさせるのです。

では、紫外線にあたるとどうして色が黒くなるの・・・?
     
このページでは、紫外線とお肌の関係について学んでみましょう!


美肌はこうすれば甦る
スポンンサードリンク

              ☆紫外線とお肌の関係☆    
  
         
美肌を手に入れるために紫外線と皮膚の関係を学び
                お肌の喜ぶお手入れをしましょう
   

     ☆紫外線にあたるとどうして色が黒くなるの?

      それは私たちの皮膚の表面をおおっている角質片の中に「メラニン」 が
      あるからです。

      では、メラニンはお肌の敵なの?

      いえいえ、メラニンは私達の体の中で、とても大切な役割を持っているのです。


      ☆色が黒くなるプロセスとメカニズム

      日焼けもシミも原因はメラニン!
  
      「メラニン」 と「紫外線」の関係について述べてみましょう
 
      私たちの表皮に近い部分の血液は紫外線にあたるとチロジンというアミノ酸を
      出し、それが表皮の底、つまり基底層に移動します。

      その基底層には、メラノサイトという細胞があり、そこにはチロジナーゼという
      酸化酵素があって、これが移動してきたチロジンに積極的に働きかけます。

      働きかけられたチロジンは、そこで七つの物資に変わり、最後に 「メラニン」 
      をつくります。

      メラノサイト細胞は、いわば「メラニンの生産工場」であるといえます。

      ちなみに、ここまでに要する期間は三日間。

      出来上がった「メラニン」は、
      次に基底細胞の中に送り込まれ角質代謝によって皮膚表面まで上がり、
      最後には角質片の中に入ったまま(垢)として剥がれ落ちていきます。

      これを理想的には28日周期で繰り返しているのです。

      さて、このメラニンは本来無色です。
      しかしいつまでも無色のままでいられるというものではありません。

      例外があって、それは一時的に紫外線を多量に浴びたとき、
      また日常的に少量ながらも継続して内紫外線を浴び続けたときには、
      茶や黒に変色するという性質があります。

      前者のケースでいえば、
      海水浴などによって紫外線を多量に浴びた事の日焼けで、

      後者のケースでいえば、
      顔や腕、脚などのむきだしな部分の軽度の黒さということになります。

      対して、胸や腿など比較的紫外線から守られている部分のメラニンは
      無色に近いといってよいでしょう。

      ですから、日差しが強く紫外線の量の最も多い夏は、どうしても色が黒く
      なることからは免れないわけですが、角質代謝がスムーズに行われている
      皮膚であれば、紫外線にあたる時間が短くなってくる秋から冬にかけては、
      再び白くなってきますので、余り心配する必要はないといえます。

      ただし油断は禁物、
      とくに20代以降の女性の場合は、過度の日焼けは後々シミや色黒の
      トラブルの大きな原因になってしまいます。

      18才ぐらいまでの若くピチピチした肌は、新陳代謝が活発で、
      角質代謝(ケラチニゼーション)もスムーズに行われているという強みが
      あるのに対して、それ以降の女性の肌はたいていケラチニゼーションが
      スムーズに行われていないという弱みを抱えているからです。

      ケラチニゼーションがスムーズに行われなければ着色したメラニンも
      なかなか剥がれ落ちてくれません。
      それが、後にシミとなって残るというわけです。
 
      したがって、年齢がある段階をこえたら、
      紫外線はできるだけ避けるようにするのが、白い肌を守り、
      シミなどを生じさせない心構えの一つになるといえましょう。

      またそれ以上に、ケラチニゼーションを正常に戻す事も
      大切だということは云うまでもありませんね。




        


☆美容と健康の広場
 
 美肌はこうすれば甦る

 知っておきたい皮膚の構造

 紫外線と肌の関係

 メラニンの役割

 シミはこうすれば消える

 若ハゲ若白髪は肌荒れから

 呼吸法で美肌をゲット

 脳卒中で絶対に倒れない法


☆エコな暮らし

 洗剤を減らそうよ♪

 合成洗剤シャンプーと
    毛髪と皮膚の関係
 
 重曹と酢でらくらくお掃除

 バスルームのお掃除

 便器のお掃除

 キッチンのお掃除



☆親子で学ぶエコリンク

 
地球温暖化って?

 森林破壊って?

 オゾン層破壊って?

 環境ホルモンって?

 水はどうして汚れたの?

 ごみはどうして増えたの?

 酸性雨って?

 異常気象って?



 リ ン ク 集
 

スポンサードリンク
  
        紫外線はお肌の大敵              TOPに戻る/美肌はこうすれば甦る    紫外線からお肌を守るには
このサイトに記載している内容は、全て管理人個人が調査・収集したものであり、
 必ずしも内容を保障するものではございません。
  トラブルなどの一切の責任を負いかねますのでご了承くださいませ。
               
 Copyright (C) 四万十川〜水の呟き All Rights Reserved