沈下橋

四万十川〜水の呟き
                水に遊び〜水に学ぶ

沈下橋





四万十川〜沈下橋

 スポンサードリンク
 
                                                         HOME
                                                                 四万十川沈下橋の呟き

                       沈下橋の呟き            
 

♪♪四万十川〜沈下橋の呟き♪♪


        

 ☆四万十川の風物詩 「沈下橋」に会いに行こう ☆
  
   川の流れに逆らわず控えめに佇む沈下橋
   その姿は何ともいじらしく、哀愁さえも漂い人々を魅了している。
   
   四万十川に沈下橋がよく似合うといわれる所以は、川と橋と人、其々が
   優しさと思いやりで支えあい、自然と共生している姿にあるのではないでしょうか。


★沈下橋(ちんかばし)=河川を渡る橋の一種。水面からの高さが低く、欄干のないのが特徴です。
                沈下橋に欄干がないのは、増水時に水面下に沈下した橋に流木や土砂が
     引っかかり水圧によって橋が壊されることを防ぐ為です。

                   
  
四万十川沈下橋の写真集は こちら ♪☆  見てね♪(*^^*)☆)
   
 万十川に沈下橋が架け始められたのは昭和10年前後だそうです。

沈下橋が架かるまでの川を渡る手段は渡し舟や、竹の浮き橋、流れ橋(丸太橋)でした。

大半の沈下橋は昭和30年から40年代にかけて架けられていますが、
この時期というのが丁度高度成長期の真最中で自動車が普及されはじめ
 
 「竹の浮き橋じゃ自動車も通れんけん、わしらあも沈下橋を架けにゃいかんぜよ♪」

ということだったのかも知れませんね。

低い橋桁にコンクリートの床版をのせただけの簡素な橋ですが、
流域住民にとって沈下橋の完成は、喜びひとしおだった事でしょう♪(^o^)/

  
         

        
    四万十川本流 最上流の高樋沈下橋
      
昭和40年架橋 (旧大野見村)

  
スポンサードリンク
 
  

          ☆沈下橋の思い出☆♪
  


川を渡る手段として架けられた沈下橋だったけれど、
生活道としての役割だけでなく、流域住民の暮らしに密接に繋がった
生活の一部として地域に溶け合い、
たくさんの想い出を残してくれました。


私の生まれ育った集落に沈下橋が架かったのは小学一年生の時で、
当時はブルドーザーやユンボーといった機械は無く、
殆どの作業が手作業であった為に、かなり長い工事期間を要したように
記憶しています。
    (とはいっても、小学一年生の事だから
      長いと感じる時間の感覚も定かではないけれど・・(-。-)"/

母と一緒に竹の浮き橋を渡りながら見上げた工事中の沈下橋は
とても高く感じられ、
完成すれば渡らざるをえなくなる恐怖と不安に幼い胸は痛み(o_ _,)m
  
 「沈下橋が出来ても
     うちは沈下橋は渡らん、絶対渡らんけんね(;。;)」 

と泣きながら訴えたことも・・(>_<;) 
        (なんて臆病さんだったんでしょうね)

でもでも大丈夫、落成式にはちゃ〜んと日の丸の旗を振って
渡り初めに参加しちゃいましたから、(*^▽^*)♪
  
        (それも人一倍得意気に・・・・(^_-)-☆♪)

その沈下橋、なんと洪水の度に激流に呑まれ
橋桁が掬われたり、床版が流されたりと幾度復旧工事を
繰り返したことか(>。<;)
   

       


 
    洪水に流され復旧した沈下橋の姿(芝啓一さん撮影)
         (川に沈んでいるのは流された橋です)


   
   
壊されたらどうしてたの?ですって?
 
壊されたら復旧工事の期間中は沈下橋が架かる以前の状態
つまり渡し舟の出番になります。

渡し舟の船頭さんは集落の人たちの当番制で、
当住民は無料で乗船できますが、
他の集落の方々は10円の乗船料が必要でした。
   
   (アイスキャンデーが5円で買える時代のこと
                  今だと100円ぐらいかな?)
 
  ギッチラ♪ ギッチラ♪ ギッチラコー♪ って
             舟が鳴くんですよォ〜 ♪(^o^)♪

我が家では当番が日曜日の時は、中学生の兄が船頭役を
務めましたが、
   「今日は何十円貰った〜」なんて帰ってくるのが
                     羨ましかったなあ。




   
 洪水で沈下橋が壊され渡し舟の出番(芝啓一さん撮影)


復旧工事が長くかかる時は竹の浮き橋を架けたりしたことも、
これがまた楽しい橋でゆらゆら揺れるんですよねェ〜♪

   ピチ ピチ チャプ チャプ♪♪ って水の音♪
          水しぶきに靴が濡れたりしたことも・・・。



       
沈下橋が流され「竹の浮き橋」での通学風景
     
なんていい時代だったなあ〜(*^^*)♪
      水は澄みきって、川底の石はキラキラ輝いていたっけね☆

       
あの頃の川はもう戻らないのだろうか・・・(--:)


大水が出て沈下橋が浸かりそうになると学校は早退、
これがまたまた嬉しいんですよォ〜♪ 
ニタ〜(*^o〜)〜☆

水が引いて沈下橋が渡れるようになるまで、
近くの公会堂(公民館)に集合して自主学習、
寺小屋風のあったか〜い雰囲気が好きだったナァ〜
(*^^*)

又、沈下橋は子供の川遊びにも活躍してくれる貴重な存在と
なっていました♪♪

初めて沈下橋から飛び込んだ時の嬉しかったこと 
飛び込んでは岸に泳ぎ着き、また上がってきては飛び込んで
唇がチアノーゼ状態になっても止めなかった小学生の頃♪

なんてハチキン少女だったことでしょうネ。
 
    (ハチキン(土佐弁)=おてんばの意味)

車が普及され始めたとはいえまだまだ車の量は少ない時代
沈下橋に腰掛けて川の流れを見るのが好きだったロマンティック
な少女時代も(*^-^*)
  
  (あれあれ?
    沈下橋を渡るのが怖いお嬢さんじゃなかったっけ?)

 


      既に撤去された井崎沈下橋で 管理人19才



下橋は私たちの文化の架け橋。

社会をつなぐ生活道として大きな役割を担ってきたこの沈下橋も
抜水橋の登場で壊されてしまいました(-。-;)

   其処に存在するだけで良かった・・・

   其処に静かに佇んでいるだけで
          辺りがホンワカあったかかった・・・

   それは、傍に居るだけで幸せをくれる人に似ていた・・・
  
     
         ありがとう 沈下橋さん
               愛と感謝を込めて・・・・


        ♪ ☆ ♪ ☆ ♪ ☆ ♪ ☆ ♪ ☆

    ♪♪
〜渡し舟、竹の浮き橋沈下橋 
            今日成りにけり抜水橋は〜  
  中平 松鶴
  
TOP四万十川〜水の呟き   

☆四万十川に愛と感謝を♪
 
ありがとうネットワーク

 ありがとうネットワーク
   
こどもばん

 
☆四万十川写真集
 四万十川風景写真集
 四万十川沈下橋写真集


☆癒しの広場
 源流の呟き
 滑床渓谷の呟き
 黒尊渓谷の呟き
 ぶらり一人旅の呟き
 沈下橋の呟き
 虹の森公園の呟き
 滑床渓谷の呟き
 芝不器男の呟き

 森の国ぽっぽ温泉

☆四万十川伝統漁法
 火振り漁
 鮎の友釣り
 手長えび漁
 ツガニ漁


☆川魚と山菜の郷土料理
 鮎の郷土料理レシビ
 手長えびの郷土料理レシビ
 ツガニの郷土料理レシビ


☆温泉宿とお愉しみ広場
 ホテル松葉川温泉
 一の又渓谷温泉
 十和温泉
 ホテル星羅四万十
 四万十癒しの里
 森の国ぽっぽ温泉
 

☆四万十川流域情報
 四万十川ウルトラマラソン
 四万十川桜マラソン
 暮らしと文化
 イベント情報
 特産・物産・人紹介
 四万十川流域お宿情報
 高知県のホテル・旅館情報


☆エコな暮らし
 洗剤を減らそうよ♪
 合成洗剤シャンプーと
    毛髪と皮膚の関係
 太陽光発電システム
 重曹と酢でらくらくお掃除
 バスルームのお掃除
 便器のお掃除
 キッチンのお掃除


☆親子で学ぶエコリンク
 
地球温暖化って?
 森林破壊って?
 オゾン層破壊って?
 環境ホルモンって?
 水はどうして汚れたの?
 ごみはどうして増えたの?
 酸性雨って?
 異常気象って?

☆デジカメ写真集
 お花の写真集
 北京の写真集
 大連の写真集
 アフリカの写真集
 ニュージーランドの写真集
 
☆美容と健康の広場
 美肌はこうすれば甦る
 知っておきたい皮膚の構造
 紫外線と肌の関係
 メラニンの役割
 シミはこうすれば消える
 若ハゲ若白髪は肌荒れから
 呼吸法で美肌をゲット
 脳卒中で絶対に倒れない法

★番外編
 四万十の天使たち
 ミニダックスと太郎&千春

  天使の広場

四万十川遊び
 ふるさと交流センター
   施設案内
   キャンプ
   ラフティング
   カヌー
   お食事
   お買い物
   周辺情報

  
最新情報

☆プロフィール
 
管理人の呟き

 リ ン ク 集


 スポンサードリンク
 
        四万十川沈下橋の思い出          四万十川沈下橋の呟き        四万十川沈下橋半世紀の思い出
   Copyright (C) 四万十川〜水の呟き All Rights Reserved